KeibaCho―競馬調―       
 
KeibaCho (競馬調) の見かた
 

率の計算

率(勝率、連対率、三着内率)は、対象(騎手、調教師、馬主、生産者、父馬)に該当する馬の、直近100レースの勝ち負けで計算しています。

騎手以外は1レースで複数出走可能です。その場合、片方が勝って片方が負けたという場合でも、同じレースでの率の上下がでないように均して計算しています。

率の計算

(上図では、2010/11/14の京都ロイヤルP及び2歳新馬は対象となる馬は複数いますが、1レースとして扱っています。)

勝率なら直近の100レースで1着が何割か?、連対率なら1・2着が何割か?、三着内率は1~3着が何割か?となります。

この率を見るだけでも、対象の能力や実力の程度が把握できます。

たとえば、2010/11/14時点でディープインパクト産駒は勝率.250、連対率.440、三着内率.600と驚異的な数値を残しています。

父馬ディープインパクト、2010/11/14の成績
ディープインパクト


現在の父馬ディープインパクトの成績は 》こちら《 へどうぞ。

※注釈
  • 三着内率は複勝率とは異なります(複勝は出走頭数によっては2着までとなるため)。
  • 100レースに満たない場合は、20レース経過後から表示しています。
  • レースは中央競馬のみを対象としています。
 

ローソク足の見かた

競馬調におけるローソク足の見かたを説明します。

対象となるのが価格ではなく、「率」となるだけで、基本的には株式の場合と同じです。

ローソク足1つは一日の率(勝率、連対率、三着内率)の動きです。当日の最初のレースから、最後のレースまでの率の上がり下がりを表します。

ローソク足 (1)は当日の最初のレースが終わった後の率
(2)は当日の最後のレースが終わった後の率
(3)は当日の最大の率
(4)は当日の最小の率

ローソクが白抜き(陽線)の場合は「最初より最後のレースのほうが率が高く終わった」、逆に青い胴体(陰線)の場合は「最初より最後のレースのほうが率が低く終わった」となります。

白抜き胴体となっていれば、当日気分よく終われたということになります。

※注釈
  • 出走していない日は詰めて表示しています。
  • データ量の都合で日足のみ表示しています。
 

チャートの見かた

チャートの見かたを簡単に説明します。

下図は「キングカメハメハ」を父馬に持つ馬(産駒)の2010/5/1~2010/11/14の連対率(1・2着になる確率)です。

キングカメハメハ

2010/11/14の連対率は.267で終わり、他馬と比較して優秀な成績です。この日は東京・京都・福島で19頭が出走し、1着2回、2着3回と好調で、ローソク足は白抜き線で終わっています。

チャートにある赤い線は5日移動平均線、緑の線は10日移動平均線です。~日移動平均というのは、その日を入れた過去~日間の平均です。(平均には株式の考え方と同様に、その日の最後のレースの結果を使用しています。)

この線が右肩上がりなら上り調子(上昇トレンド)、逆なら下がり調子(下降トレンド)となります。この「キングカメハメハ」の例では2010/8から続いた下降トレンドが、2010/10から上昇に変わってきています。

次に「Red Ransom(レッドランサム)」産駒の連対率を見てみましょう。

Red Ransom(レッドランサム)

先ほどとはローソク足の具合がまったく違います。2010/11/14の連対率は.215と優秀なものの、一日一レース程度しか出走していないため、ローソク足は一本の横線がほとんどです。

「Red Ransom(レッドランサム)」は競走馬時代に目だった成績を残していないためか、産駒が少ないようです。

上記のようにローソク足の感じで、該当数の多さ、つまり注目の程度がわかります。

 

トレンド

それでは、具体的に「トレンドがいつの時点で変わったのか?」が知りたいところです。その一例を株式チャートの考え方を用いて簡単に説明します。

下図は「フジキセキ」を父馬に持つ馬の2010/5/1~2010/11/14の勝率(1着になる確率)です。

チャート


移動平均線は直近の成績の平均ですから、ローソク足がこの移動平均線より上で終わっていれば、「今は少し前より調子がいい」といえます。またその逆なら「すこし前より調子が悪い」ということになります。この変わり目がトレンドが転換した(調子が変わった)日と言えます。

上図で5日移動平均(赤い線)をトレンドの基準として見てみましょう。

2010/9/26にそれまでずっと赤い線より上で終わっていたローソク足が陰線をつけて下回りました。この日がトレンドの分岐点と考えられ、上昇から下降のトレンドに変わったと言えます。このことはこの日が決定するまで(ローソク足の形が確定するまで)わかりませんので、実際には次の開催日(2010/10/2)から「下降トレンドに変わった」ことが言えることになります。同様に下降から上昇のトレンド分岐は2010/10/30であり、次の開催日(2010/10/31)からそれが適用されます。

トレンドが下降に変わった次の開催日(2010/10/2)から上昇に変わった開催日(2010/10/30)までの勝率を見てみると、4勝92敗で0.043となっていて、実際の勝率(100レース平均の勝率)より随分と悪くなっています(=調子を落としています)。

またそのトレンド転換した次の開催日(2010/10/31)からチャート上にある(2010/11/14)までの期間で見ると8勝57敗で0.140となっていて、実際の勝率より良くなっています(=調子を上げてきています)。

つまり何が言いたいのかというと、トレンド分岐がわかった時点で先が読めることになります。このようにトレンドがはっきり現れると、調子がわかりやすい展開になります。

ここで「騎手や調教師の調子ならわかるけど、父馬の調子って何?」って疑問が湧くことと思います。これは当然現在の父馬の体調などではなく、血統の気候による優位性や、季節によってレースのグレードが変わってくることによる影響なのだと思われます。その産駒がいま開催されているレースにどれだけ適正があって、どれだけ頑張っているのか?ということを表していると捉えています。

過去の成績の傾向から今回のレースを予想する、これは競馬新聞と同じ理屈です。

※父馬フジキセキの詳細な成績は 》こちら《 へ。
※現在の父馬フジキセキの成績は 》こちら《 へどうぞ。
※正確には2010/9/19に若干赤い線を下回りトレンドが割れていますが、白抜きの上昇線で終わっているので割愛しています。
 

それなら・・・

このトレンドを使って単勝に賭けてみたらどうなるのか気になるところです。

上記の「フジキセキ」を父馬に持つ馬に100円ずつ賭け続けると・・・

下降トレンド期間 2010/10/2~2010/10/30
4勝92敗
合計-8100円 1レースあたり-88.04円

上昇トレンド期間 2010/10/31~2010/11/14
8勝57敗
合計-660円 1レースあたり-11.57円

残念ながらこれだけではプラスにはなりませんでしたが、下降トレンド期間に買うよりは良くなっています。今回の場合は、無駄な負けを除くという意味で「単勝オッズが15倍以下の場合のみ購入」といった条件をつけると、上昇トレンド期間で+1840円とプラスに転じます(下降トレンド期間は-2700円)。

これで儲けられれば苦労をしないわけですが、残念ながらトレンドがはっきり出ない場合などもあり、競馬はそれほど単純なものではないようです。あくまで最近の調子の傾向をみるものだと考えて、次のレースを予想する情報にされてみてください。
 

もっと早い段階での予測

競馬調では勝率、連対率、三着内率をチャートで表示しています。株式の分析方法とは違った、競馬調ならではの見かたを一例で示してみます。

上記の父馬「フジキセキ」を例に、同じ期間でこれらを比べてみましょう。

チャート

勝率

チャート

連対率

チャート

三着内率


緑のは前項と同様に、トレンドの転換点をあらわします。

比較すると三着内率のトレンド転換は勝率や連対率よりも早く出ていることがわかります。三着内率を見ることで、将来の勝率や連対率のトレンド変化がより早く予測できそうです。

勝つ(1着)までに至らぬも、徐々に調子を上げてきていて、2・3着に食い込んできている。それが次のレースの勝ちにつながっているのではないかと思われます。
 

まとめ

ローソク足チャートについて、株式的な見かた(トレンド)や新しい考え方(三着内率のトレンド予測)を示しましたが、特にこう見るものだと決まっているわけではありません。

ローソク足チャートの見かたは、移動平均線どうしの交差見るゴールデンクロス・デッドクロスや、ローソク足の上ひげ・下ひげ、またその組み合わせによるかぶせ・はらみなど色々あります。

また、「この騎手はこんなに調子を落とすわけがない、過去の傾向から言ってそろそろ勝ちそうだ」と逆張りに張る方法もあります。株式の分析ではこれを下値支持線やRSIという指標で表したりします。

株式のようにニュースなどの材料や、売り方・買い方の思惑といったような複雑な要素も少ないと思われますので、こういった分析方法を適用するなどして研究されてみるのも面白いと思います。

ホーム《 へ
 
 
 
 ホーム
 競馬調とは
 競馬調の見かた



レース
 今週・先週
 2018年
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年

ランキング
 ランキング

一覧
 競走馬
 騎手
 調教師
 馬主
 生産者
 父馬

DREAMレース
あの三冠馬
どうしを
対戦!

KeibaChoオリジナル
Tシャツ・
トートバッグ
発売中!


一覧
 競走馬
 騎手
 調教師
 馬主
 生産者
 父馬

ランキング
 ランキング

レース
 今週・先週
 2018年
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年

 ホーム
 競馬調とは
 競馬調の見かた

Copyright (C) 2010-2018 KeibaCho All Rights Reserved.  免責事項などについて  お知らせ